Reconextカンパニー施工事例オフィス施工トイレ工事施工事例

トイレは新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、感染症対策においても見直されている分野です。
感染症対策におけるトイレの施工例を紹介します。

感染症対策に非接触設備のご提案
Recopnextカンパニーは、野原グループの数あるお取引メーカーとのネットワークを活かし、コストを抑えながらも、お客様の感染症対策に最適な設備をご提案します。

自動水栓、オートソープディスペンサー
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、非接触の自動水栓とオートソープディスペンサーによる衛生管理、感染予防対策が必要な時代となりました。綺麗なトイレに改修すると同時に、自動水栓やオートソープディスペンサーの設置をおすすめします。
*参考*
・自動水栓とは、センサーに手をかざすだけで水が出る水栓です。
自動で止水するので、従来は水の出しっ放しを防ぎ、節水効果を目的に導入されてきました。
・オートソープディスペンサーとは、センサー感知により泡タイプのハンドソープが自動で一定量吐出される非接触の手洗い補助装置です。
従来は、ハンドソープの使い過ぎやいたずら防止を目的に導入されてきました。

ウイルス対策扉など
個室トイレ扉の取手(錠前等の金物)や帽子掛など、直接手に触れざるを得ないものも、抗ウイルス(製品上の特定ウイルスの数を減少させること)加工を施すことで、より効果的な感染症対策が期待できます。
弊社では、壁や床などの建材も、SIAAマーク(抗菌製品技術協議会が認定する、抗ウイルス・抗菌加工製品の認証マーク)を取得した抗ウイルス製品の使用を推奨しています。

Reconextカンパニーでは、オフィスだけでなく病院や工場などの多種多様な施設にてトイレ工事を手掛けています。

Contact

内装工事に関するご質問・ご相談から見積依頼まで
こちらからご連絡くださいませ。
施工協力業者様募集中 施工協力業者様募集中

施工協力業者様募集中

Reconextカンパニーが手がける内装工事にご協力いただける
パートナー企業様を広く募集しております。
03-3355-1760
お問い合わせ
ご相談からお気軽にご連絡ください。